Return to site

アルバイト就業者のAI活用意向・意識調査

「アルバイト先でAIを活用したい」業種上位に、ガールズバー、調査・モニター、医療・介護・福祉

「AIは怖い」と思っている都道府県は石川県・大分県・佐賀県など

· 調査レポート,人工知能,アルバイト

労働力人口の減少は大きな問題であり、2065年には労働力が現在の50%程度まで低下すると言われています(みずほ総合研究所, 2017)。その中で人工知能(AI)やロボットの活用に期待が集まっていますが、一方で、「仕事を奪われる」「制御不能になる」といったネガティブな声も多くあがっています。

そこで、サイコロLab.では、若年アルバイターを対象にAI活用に対する「期待」や「恐怖感」についての調査を実施いたしました。

結果のサマリー

  • AIに対する受容度では、女性よりも男性の方が高い
  • 「職場でAIを活用したい」とアルバイターが思う業種の上位には、「ガールズバー」「調査・モニター」「医療・介護・福祉」が挙げられました
  • AIに対する恐怖感は、「石川県」「大分県」都道府県別で差がみられた

◆AIに対する受容度

男性の約6割がAIと友人・恋人として付き合うことに前向き

AIに対する受容度を調べるために、15〜26歳の7,286名(女性5,003名、男性2,283名)を対象に「AIと付き合いたいと思うかどうか」を尋ねました。

その結果、「結婚を前提として付き合いたい」(女性1.2%、男性2.8%)、「ぜひ付き合いたい」(女性1.5%、男性5.4%)、「試しに付き合ってみたい」(女性9.7%、男性19.4%)となり、女性12.4%・男性27.6%でAIと付き合ってみたいと回答しました。

さらに、少しハードルを下げた「まずはお友達から」(女性22.8%、男性30.4%)をあわせると、男性においては全体の約6割がAIと友人・恋人として付き合うことに前向きであることがわかり、女性より男性の受容度が高いことがわかりました。

職場でのAI活用意向指数調査

職場でAIを活用したいアルバイト先 

「ガールズバー」「調査・モニター」「医療・介護・福祉」が上位に

続いて、15~26歳のアルバイト就業中の学生500名(男女各250名)を対象に、職場でのAI活用意向を測るため「今のアルバイト先で、AIが活用されれば良いのにと思うことがあるか」(AI活用意向スコア)を尋ねたところ、ガールズバーと医療・介護・福祉のアルバイト就業者のスコアが最も高い数値となりました。

Q.今の職場で、AIが活用されれば良いのにと思うことがありますか?

<回答基準>6段階評定で実施されたものを以下の通りに集計

「全くそう思わない」=1点、「そう思わない」=2点、「あまりそう思わない」=3点、「少しそう思う」=4点、「そう思う」=5点、「非常にそう思う」=6点とし、各職種で平均値を算出した数を「AI活用意向指数」とした。

また、今回の調査対象の中でもAI活用意向が強かった「ガールズバー」でのアルバイト経験者に、どんなAIがあれば嬉しいか尋ねたところ、「ジェネレーションギャップを埋めるためのネタ提案」「ゲームの提案」「画像認識によるカクテルのレシピ提案」など、お客様とのコミュニケーションに素早く対応できるような内容のコメントが挙がりました。

【ガールズバー経験者コメント】

・「お客さんとのジェネレーションギャップを埋めるために適切なネタを提案してくれるAIがいると嬉しい」(神奈川県 20才)

・「簡単なゲームを提案してくれるAIがいるとお客さんと盛り上がれる」(東京都25才)

・「リピーターのお客さんが前回に他の女の子と話したデータを記憶し、その内容に基づいた話題を提案してくれるAI」(東京都25才)

・「お客さんから頼まれたカクテルがお店にあるお酒で作れない時に同じ系統の味のカクテルのレシピをレコメンドしてくれるAIがいると助かる」(東京都25才)

・「お店にあるリキュールの画像を撮影したらその中の組み合わせで作れるカクテルのレシピを提案してくれるAI」(東京都25才)

◆都道府県別AIに対する恐怖度調査

AIが最も怖いのは「石川県」、怖くないのは「長崎県」

さらに、15~26歳のアルバイト就業中の学生男女500名に、「AIは怖いものだと感じるか」を尋ね、都道府県別に「AI恐怖スコア」を算出したところ、「石川県」5.17点が最多となり、次いで「大分県」5点、「佐賀県」4.5点と続きました。

一方で、47位は「長崎県」2点となり、AIに対する恐怖度は最も低いという結果でした。なお、首都圏の「東京」3.57は20位、「神奈川県」3.29は29位でした。

Q.AIを怖いものだと感じますか?

<回答基準>6段階評定で実施されたものを以下の通りに集計

*「全くそう思わない」=1点、「そう思わない」=2点、「あまりそう思わない」=3点、「少しそう思う」=4点、「そう思う」=5点、「非常にそう思う」=6点とし、各都道府県で平均値を算出した数を「恐怖スコア」としました。

*なお、「鳥取県」「沖縄県」に関しては十分な回答サンプルが得られなかったため、今回は集計対象外としました

以下は、AI恐怖スコアが高いほどに色が濃くなるように地図上にプロットしたものです。全体的に日本海側ではAIに対する恐怖度合いが高いように見受けられます。

サイコロLab.メルマガ、登録受付中

サイコロLab.では、充実感を持ってはたらく人が増える未来につながるような調査結果・科学的知見の発信を行なっています。よろしければご登録ください。

引用

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly